ワンポイントレッスン

文書内で自動的に更新される今日の日付(日報、FAX用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel、Word、PowerPoint等には、自動的に更新される日付を文書に入れられる機能があります。

単なる”文字”の集まりとして今日の日付が入るのではなく、文書内にデジタル時計を置くような間隔で、今日の日付という”情報”を入れられます。

この時計は、ファイルを保存して、再度開く時に更新されます。

印刷すれば、時計の写真を撮るのと同じで、二度と更新されないその時の日付を残せます。

例えば、紙に印刷して保管する日報などで使うと、日々の日付入力を省けます。

 

更新する日付の具体的な手順

Word

[挿入]タブ→[テキスト]グループ→[日付と時刻]ボタン をクリック。

 

[日付と時刻]ダイヤログボックス内の□自動的に更新する(U) にチェックを入れて[OK]ボタンを押す。

Excel

セル内:

=today()と入力し、

[Enter]キーで確定。

 

ヘッダーフッター内:

[挿入]タブ→[テキスト]グループ→[ヘッダーとフッター]ボタン をクリック。

 

[ヘッダーフッターツール]の[デザイン]タブ→[ヘッダー/フッター要素]→現在の日付 をクリック。

ヘッダー/フッター内のカーソルの位置に &[日付] と入る。

他の場所をクリックして確定。

PowerPoint

プレースホルダー内:

[挿入]タブ→[テキスト]グループ→[日付と時刻]ボタン をクリック。

[日付と時刻]ダイヤログボックス内の□自動的に更新する(U) にチェックを入れて[OK]ボタンを押す。

 

ヘッダーフッター内:

プレースホルダーを選択していない状態で、[挿入]タブ→[テキスト]グループ→[日付と時刻]ボタン をクリック。

[ヘッダーとフッター]ダイヤログボックス内の□日付と時刻(D) にチェックを入れて、○自動更新を選択して、[適用]ボタンを押す。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA